川中島古戦場第二弾

    ここでは、「川中島古戦場第二弾」 に関する記事を紹介しています。

    川中島古戦場第二弾

    下記の写真は三太刀七太刀之跡
    この辺りで両雄の一騎討ちがあったか?と思うだけで、ぞくぞくします。

    川中島二弾①

    永禄4年9月10日、ここ八幡原を中心に上杉、武田両軍30,000余の壮絶な死闘が展開された。
    上杉謙信は紺糸縅の鎧に萌黄緞子の胴肩衣、金の星兜に立烏帽子白妙の練絹で行人包、長光の太刀を抜き放ち、名馬放生に跨がり戦況の進展に注目、乱戦で武田本陣が手薄になったのをみ、旗本数騎をつれ信玄の本陣を強襲した。
    この時の武田信玄は諏訪法性の兜、黒糸縅の鎧の上に緋の法衣、軍配を右手にもち、この地で崩れかかる諸隊を激励指揮していた。この信玄めがけて謙信は只一騎、隼の如く駆け寄りざま、馬上より流星一閃、信玄は軍配で受けたが、続く二の太刀で腕を、三の太刀で肩に負傷を負った。
    後にこの軍配を調べたところ刀の跡が七ヶ所もあったといわれ、この一騎打ちの跡を世に三太刀七太刀の跡という。


    第一弾二

    八幡社は山本勘助が海津城を築くときに水除け八幡として、この地に勧請したと伝えています。
    永祿4年の第4次川中島の戦いのときに武田信玄が八幡原に本陣を構え、激戦場になったため社殿は破壊されてしまった。
    そこで信玄は海津城代高坂昌信(春日虎綱)に命じて社殿を再建させました。

    現在ある社殿は、上田市の生島足島神社が改築されたときの旧社殿を譲り受け、皇紀2600年記念事業として、昭和15年に移築したものだそうです。

    川中島二弾③

    妻女山
    上杉謙信公が陣取った妻女山から観た八幡原の風景

    上杉謙信公が座って琵琶を弾いていたとか?
    何を考えながら、何を話しながら、下山の機会を伺っていたか?
    プロフィール
    大成工務店 代表取締役
    社長のブログです。

    ryujinryutake

    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ

    MONTHLY

    検索フォーム
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    リンク
    QRコード
    QR
    カレンダー
    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-